香水のおすすめを知りたいなら

香水の付け方〜中級編

香水は時間が経つにつれて体温となじみ、香りが変化していきます。この香りにも名前があり、最初の香りはトップノート、しだいにミドルノートへと変わり、最後はラストノートとなります。

 

また、香水の消費期限は開封後から約一年と言われています。

 

 

トップノートの香りはどれも強めなので、人に会う30分前ぐらいに香水をつけるのが良いでしょう。トップノートは、自分の体温にまださほど馴染んでいないので、場合によっては相手に違和感を与えてしまうかもしれません。
香水をつけるなら、やはり自分に馴染んだ香りを相手にも感じてほしいですよね!

 

 

 

中級編での香水をつける時のポイントは、素肌の上にワンプッシュ。こすらず自然乾燥です。コツは、少し遠めからプッシュすることで腰の広範囲につけることです。もちろん乾いてから服を着てください。服の下には、体と服の間に空気の層があります。その空気の層にも香りが漂い、動くたびにその層が外に押し出されるので、香りがふわっとアクションごとに香ります。

 

 

それと、香水をつけても服がかぶさって香水の香りがしないんじゃないかって思う人がいるかもしれませんが、心配いりません。たとえ服を上に着ていて、肌が露出していなくても香りは十分に広がります。

 

あなたが動くといい香りがする、なんて言われてみたいですよね。

 

トップへ戻る