香水のおすすめを知りたいなら

香水の付け方〜初級編

まず、つける場所に特にキマリはありません。

 

香水は温められるとよく香り、下から上に香りが立ち上がる性質なので、体温の高い脈打つ部分につけるのが基本です。
ジャケットの内側やハンカチにつけるのもアクセントになって効果的です。

 

また、つける場所によって香り方が変わってくるのでご紹介します。

 

耳の後ろ・首
顔を近づけた時に香るので、相手をドキッとさせることができます。香りの広がる範囲は小さめです。

 

 

髪の毛
肌が敏感で弱い人におすすめです。髪がなびくたびにいい匂いが広がります。

 

 

ウエスト(腰)
顔から離れているので食事の邪魔もせず、さりげなく香り、かつ自然にほのかに広がります。

 

 

手首の内側
香水を一番アピールできる場所です。手首は冷えにくく、比較的温かいため、香りが立ちやすく、よく広がります。

 

 

つけない方が良い場所
わきの下や足の裏など、汗のよく出る場所にはつけないようにしましょう。
汗と香水が混ざると香りが悪くなります。
もちろんつける場所も一か所だけでなくて大丈夫です。
因みに私は、片手首にワンプッシュして、それを両手首で軽くなじませ、耳の下の首(太い血管のあるところ)にひとなぞりして、残りは腰に軽くなぞるようにしてつけています。

 

 

そして、香水は香りの強さ(純度)によって呼び名が変わります。
強い順に、パルファム>オーデパルファム>オードトワレ>オーデコロン
です。一般的にみんなが使っているのはオードトワレになります。香りが強いほど、使い方が難しいので、初心者にはオードトワレをおすすめします。

 

 

付け方のポイントですが、香水(パルファン)は点で、トワレは線で、コロンは面でつけるのが効果的だと言われています。一般にみなさんが使っているのはトワレが多いと思いますので、今度付けるときは、ぜひ「線」をイメージしてつけてみてください。
つける量ですが、ワンプッシュから多くてもツープッシュまでにしておきましょう。香水は付けた本人は鼻が慣れてしまって匂いが感じにくくなってしまいますが、周りからしたら十分香っているものです。ですので、常に香りがしているようでは付け過ぎで、周りにもキツイ匂いを発してしまって迷惑になるので気を付けましょう。

 

 

なお、香水を買う場合は、50ml以上ならネットの方が安くて、30mlでもネットで店頭と変わらない値段で購入できるので、ネットで買うのがおすすめです。お試し程度に5mlのを買うなら雑貨店でもさほど値段は変わりません。

 

トップへ戻る